HEAD PHONE AMP

AIT HEAD PHONE AMPを購入された神奈川県MM様からの感想です。
当アンプはスピーカーにも接続できる旨伝えています。

スピーカーにも繋げられるとのこと、承知しました。
大変駆動力が高く且つ素晴らしい音質で気に入っております。
鳴らしづらいヘッドフォンでも問題ありません。

以下はAITが記載します。
AITのパワーアンプは全て0crossの電流を測定し、常に一定のBIAS電流になるよう制御したBTL(FULL balance構成)です。
他社のようにエミッター抵抗は追加又は選別しなくても、安定に動作し熱暴走も発生せず高性能です。
特にSTEREO POWER/ MONO POWER AMPは電流センサー及びAD/DA FPGAを用いてBIASを制御していますので、出力電力に応じたclassA動作が可能です。過大な発熱が無くなります。
HEAD PHONE AMPは出力が小さいため1W程度までclassAの固定BIASです。抵抗切り替え式(GANG ERROR、音痩せ無し)音量調節付きです。
性能は全てのアンプでS/N>120dB、THD+N<0.001%です。

投稿者: xrmnk344

真空管の時代から測定器、オーディオ、ビデオ機器の設計製造メーカー各社でも設計してきました。 現在は個人事業として、主にアナログ信号をFPGA等を用いた設計を行っています。 デジタル信号も基本はアナログと言う考えで設計します。貸し出し(無料)封筒️xrmnk344@ybb.ne.jp賞金paypal対応

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。