ES9038_DACの追加更新

先日お知らせしましたDACの更新、さらに機能性能を追加しました。

入力PCMfs=44.1kHz~768kHz迄の信号を、1.4112MHz/1.536MHz(fsin<=705.6k/768k)又は705.6kHz/768kHz(fsin<=352.8k/384k)にupsampling しDACchipに供給できるようにしました。
またPCM=>DSD1024変換用LPFを従来より広帯域にしたため音質向上が期待できます。PCM=>DSD1024はDSD(64~1024)を含むPCMfs=44.1kHz~786kHz迄の入力に有効です。
切替動作は OFF(無変換)=>OSF706k/768k=>OSF1.4M/1.5M=>PD1024 となります。

入力可能信号はPCMfs=44.1kHz/48kHz~1.4112MHz/1.536MHz、DSD=64~1024と変更ありません。

費用
 既に705.6k/768kHzで改修済の場合       +¥12,000(税込み、送料別)
   1.4112MHz/1.536MHz で改修済の場合 ¥無償(送料別)

 新規に搭載の場合               ¥55,000(税込み、送料込み)                          

 

投稿者: xrmnk344

真空管の時代から測定器、オーディオ、ビデオ機器の設計製造メーカー各社でも設計してきました。 現在は個人事業として、主にアナログ信号をFPGA等を用いた設計を行っています。 デジタル信号も基本はアナログと言う考えで設計します。貸し出し(無料)封筒️xrmnk344@ybb.ne.jp賞金paypal対応

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。