ブログ

2021/11/15
AIT ES9038PRO DAC 試聴感想です。
一聴ですが、ES9018 機からは随分とアップグレードしているようです。あまり変わらないというネット評も見て気になっていたのですが、当てになりませんでした。


2021/11/8
この方はAIT ES9038 PRODAC、AIT PREAMP、AIT STEREO POWERを同時
試聴されています。

使用機器は下記の通り。

トランスポート  LINN-CD12もしくはMacBookPro
スピーカー  ReyAudio-RM8V
(現行のアンプ ReyAudio-HQS2200UPM)

音を出してすぐに音像の大きさ、広さに驚く。
なにもかもが出ている、と思わず唸る。
なにもかもが聞こえているかどうかはわからないが、とにかく、出ている。
そして、この広がり。
左右前後上下に無理なく広がる。
いままで体験したことがない世界。

低音が果てしない。
どこまでも沈むかのよう。
バスドラがリアルすぎて怖いほど。
ただ、拙宅のダブル・ウーファーのReyAudio/RM8Vだと、少し、かぶる。
(現行のアンプもレイ・オーディオのもので低音は硬くて狭いが小ぶりにまとまる)

もともと部屋の大きさがSPの容量と釣り合っていないので、いままでにも音源によっては低音かぶった。
この低音をダブルウーファーのReyAudio/RM8Vで解放できる部屋は天井の高さを含めて再考の必要。
ただ、小音量時でも痩せないのでヴォリュームを絞ればなんとかなるが、この音はやはり音量を上げたくなる。

中高域も果てしない。
どこまでも伸びている。
シンバルの余韻がすごい。
ギターのピッキングの最初の一撃が生々しい。
トランペットは金管楽器であることを惜しみなく主張する。
電子楽器との相性も抜群にいい。
そしてバイオリンのソロ。
倍音のニュアンスが緻密。
何重にも折り重なってくる。

いままでアルテック系の音を好み、それを最適に再生できる機器を求めてきたので、
AITの音は少しおとなしい印象を持ったが、
今回の試聴で少し考え方を変えるのも面白いかもしれないと思った。


 プリアンプの購入後感想
電流駆動終端抵抗を変更し、出力レベルをお客様希望値に変更しています。

音量調整に関してちょうどよいぐらいの音量に調整できるようになりました。
ケーブルの抵抗での調整が出来るのは今後自作ケーブルを作る際の参考になりましたありがとうございます。
また、電流駆動試してみました。
電流駆動の方が音がスッキリとして、音の前後感が良くわかりいいですね!
それだけ電圧駆動ではノイズがのっていたのかな?

電流駆動について
改めてAIT式電流駆動の使用法をお知らせします。
7mAの低電流駆動方式ですので、終端抵抗値が300Ωで2Vrms標準となります。
この抵抗値を変えれば増幅(max+3dB),減衰(制限無し)させることができます。
例えば100Ωにすれば標準より約-10dB減衰となります。増幅度が高いアンプ等の場合有効です。
電流駆動ケーブルで対応できますので、注文時指示あれば対応します。